ドキュメントにcURLで注釈を付ける

REST APIと通信して、注釈を追加、削除、および取得します。サポートされているドキュメント形式の長いリストのいずれかのPDFバージョンを取得します。

無料トライアルを開始

GroupDocs.Annotation Cloud REST APIは、クロスプラットフォームのドキュメントアノテーターの開発に役立ちます。すべての一般的なビジネスドキュメントと画像ファイル形式に注釈を付けるためのツールを作成します。付箋、透かしオーバーレイ、ポインタ、ドロップアロー、編集、その他の種類のグラフィックやテキストマークアップを適用します。ドキュメント情報を取得し、注釈付きドキュメントをサポートされている形式にレンダリングします。 Annotation RESTful APIは、Amazon S3、Windows Azure、Dropboxなどのサードパーティのクラウドストレージもサポートしています。

高度なドキュメント注釈RESTAPI機能

グラフィック注釈とテキストマークアップを追加/削除します

メタデータなどのドキュメント情報を取得する

サポートされているファイル形式の注釈データを取得する

ドキュメントの注釈リストのインポート/エクスポート

注釈付きドキュメントをPDFにレンダリング

結果の注釈付きドキュメントをストレージに保存し、そのリンクをフェッチします

複数のファイル形式のサポートとクロスプラットフォームの互換性

スライドのコンテンツにテキスト編集を適用する

MicrosoftWord文書のヘッダー/フッター領域に注釈を適用する

ドキュメント注釈を操作する

GroupDocs.Annotation Cloud for cURLは、注釈を処理するためのさまざまな方法を提供します。ドキュメントから注釈を取得できるだけでなく、ドキュメントに注釈を追加(エクスポート)して、結果のドキュメントをストリームとして取得します。

ドキュメント注釈の抽出-cURL

curl -X GET "https://api.groupdocs.cloud/v2.0/annotation?filePath=one-page.docx" \
-H "accept: application/json" \
-H "authorization: Bearer xxxxxx"

注釈ツールの堅牢なセット

GroupDocs.Annotation Cloud for cURLは、主に2つのカテゴリに分類できる強力な注釈タイプのセットをサポートしています。グラフィカルな注釈とテキストベースの注釈。これらのカテゴリには両方とも、ドキュメント注釈ソリューションで使用できる注釈とマークアップのサブカテゴリがさらにあります。テキストベースの注釈には、さまざまなテキスト選択へのコメントの追加、編集による選択したテキストの非表示、さまざまなテキストマークアップ(下線や取り消し線など)の適用、リッチテキストへの付箋の追加が含まれます。一方、グラフィカルな注釈には、メモを追加するために領域を長方形で強調表示する領域注釈、分類されたテキストまたは画像を非表示にする領域編集、ポイントを選択してそれにメモを適用するポイント注釈、ドロップ矢印へのポインタ/矢印注釈が含まれますドキュメント内のオブジェクトを指す場合、フリーハンドの形状と線を描画するためのポリラインアノテーション、テキストベースのウォーターマークオーバーレイを適用するためのウォーターマークアノテーション、および距離アノテーション。

簡単な統合

GroupDocs.AnnotationCloudのドキュメント注釈機能をcURLで使用するのは非常に簡単です。 GroupDocs.Cloudでアカウントを作成して、アプリSIDとアプリキーを取得します。サーバーまたはクライアント側でインストールを行う必要はありません。

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Annotation Cloudは、以下に示すように、他の一般的な言語用の個別のドキュメントレンダリングSDKも提供します。

  日本語