RESTAPIを使用してJavaでドキュメントに注釈を付ける

テキストおよび画像ベースの注釈オプションをサポートするオンラインドキュメントおよび画像注釈ツールを構築するためのRESTfulAPI。注釈を付けましょう!

無料トライアルを開始

GroupDocs.Annotation Cloud SDK for Javaは、Javaでビジネスドキュメントアノテーターアプリケーションを開発するための便利なツールキットです。このソリューションでは、注釈、付箋、透かしオーバーレイ、編集、テキスト置換、マークアップをドキュメント、プレゼンテーション、電子メール、スプレッドシート、PDF、その他のファイル形式の画像に適用できます。 Annotation SDKは、Java RESTful APIのラッパーとして機能し、アプリケーションをクロスプラットフォーム互換にします。当社のアノテーションAPIは、すべての一般的なサードパーティのクラウドストレージソリューションでも機能します。

高度なドキュメント注釈RESTAPI機能

グラフィック注釈とテキストマークアップを追加/削除します

メタデータなどのドキュメント情報を取得する

サポートされているファイル形式の注釈データを取得する

ドキュメントの注釈リストのインポート/エクスポート

注釈付きドキュメントをPDFにレンダリング

結果の注釈付きドキュメントをストレージに保存し、そのリンクをフェッチします

複数のファイル形式のサポートとクロスプラットフォームの互換性

スライドのコンテンツにテキスト編集を適用する

MicrosoftWord文書のヘッダー/フッター領域に注釈を適用する

ドキュメント注釈を操作する

GroupDocs.Annotation Cloud APIは、注釈を処理するためのいくつかの方法を提供します。ドキュメントから注釈を取得できるだけでなく、ドキュメントに注釈を追加して、結果のドキュメントをストリームとして取得します。次のコードスニペットは、任意のドキュメントのPDFバージョンをすばやく取得する方法を示しています。

ドキュメントページのPDFを生成-Java

  // Get your AppSID and AppKey at https://dashboard.groupdocs.cloud (free registration is required).
      
  Configuration configuration = new Configuration(appSID, appKey);
  AnnotateApi apiInstance = new AnnotateApi(configuration);

  // Create request object.
  GetPdfRequest request = new GetPdfRequest();
  request.setFilePath("docs"+ File.separator +"document.docx");

  // Executing api method.
  File response = apiInstance.getPdf(request);

注釈ツールの堅牢なセット

GroupDocs.Annotation Cloud SDK for Java REST APIを使用すると、さまざまなタイプの注釈を利用できます。主なタイプは次のとおりです。グラフィカルな注釈とテキストベースの注釈。 テキストベースのマークアップは、選択範囲にテキストコメントを追加することで実行できます。テキストの編集は、分類されたテキストを非表示にするためにサポートされています。アンダースコアや取り消し線などのマークアップを使用してテキストを強調表示することもできます。付箋をリッチテキストに追加できます。 グラフィカルな注釈は、長方形で強調表示された領域にメモを追加する(領域注釈)、テキストまたは画像の分類された部分を非表示にする(領域編集)、ドキュメント内の特定のポイントにメモを適用する(点注釈)、矢印をドロップするなどの形式で適用できます。オブジェクトに(ポインター/矢印)、フリーハンドの形状と線を描画し(ポリライン)、テキストベースの透かしオーバーレイを追加し(ウォーターマーク)、ドキュメント内の任意の2つのオブジェクト間の距離を測定します(距離注釈)。

簡単な統合

GroupDocs.Annotation Cloud SDKをJavaアプリケーションに統合するには、GroupDocs.Cloudでアカウントを作成して、アプリSIDとアプリキーを取得します。インストールは必要ありません。

簡単なカスタマイズ

GroupDocs.Annotation Cloud SDK for Javaはオープンソースであり、MITライセンスを持っています。それを使用し、無料でカスタマイズすることもできます。さらに、テスト済みですぐに実行できるため、迅速で信頼性の高い統合が可能です。

インタラクティブAPIエクスプローラー

SwaggerベースのインタラクティブAPIエクスプローラーに必要なパラメーターを提供し、ブラウザーでGroupDocs.Annotation Cloud APIforJavaのさまざまな機能を試してください。 Annotation Cloud APIエクスプローラーにアクセスして、実際の動作を確認してください。

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Annotation Cloudは、以下に示すように、他の一般的な言語用の個別のドキュメントレンダリングSDKも提供します。

  日本語