RESTfulAPIを使用してRubyで注釈を付けましょう

RESTAPIとCloudSDKfor Rubyは、テキストと画像の注釈オプションをサポートするオンラインのドキュメントと画像の注釈ツールを構築します。注釈を付けましょう!

無料トライアルを開始

GroupDocs.Annotation Cloud SDK for Ruby RESTful APIは、Rubyでドキュメントアノテーターツールを構築するために必要なすべてです。アプリケーションは、PDF、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Outlook、その他の形式の画像など、一般的なすべての形式のビジネスドキュメントに、注釈、透かしオーバーレイ、テキスト置換、編集、付箋、テキストマークアップを追加できます。 Ruby APIのラッパーとして機能し、ソリューションをクロスプラットフォーム互換にするSDKを使用して、Rubyでアノテーションアプリケーションを迅速に開発します。 Amazon S3、Windows Azure、Dropboxなどのサードパーティのクラウドストレージプロバイダーのサポートも提供されます。

高度なドキュメント注釈RESTAPI機能

複数のファイル形式のサポート

ドキュメントから注釈情報をインポートし、インポートされた注釈のリストを返します

ドキュメントに注釈をエクスポート/追加し、結果のドキュメントをストリームとして取得する

ドキュメントページを画像にレンダリングし、画像のリンクを取得する

注釈付きドキュメントのページ番号で以前に生成された画像へのリンクを取得する

ドキュメントをPDFにレンダリングし、結果のドキュメントをストレージに保存してリンクを取得します

ドキュメントを出力ストリームとしてPDFにレンダリングする

スライドにテキスト編集注釈を追加する

MicrosoftWordドキュメントのヘッダー/フッターに注釈を追加する

簡単な統合

GroupDocs.AnnotationCloudSDKをrubyアプリケーションに統合するのは非常に簡単です。サーバー側またはクライアント側にインストールする必要はありません。 GroupDocs.CLOUDでアカウントを作成するだけで、アプリのSIDとキーを取得できます。次の例は、Rubyを使用して注釈情報をインポートするのがいかに簡単かを示しています。

注釈情報のインポート-Ruby

  # TODO: Get your AppSID and AppKey at https://dashboard.groupdocs.cloud (free registration is required).
  # For complete examples and data files, please go to https://github.com/groupdocs-annotation-cloud/groupdocs-annotation-cloud-ruby
      
  # Extracts annotations from document.
      def get_import
      @config = GroupDocsAnnotationCloud::Configuration.new(Utils::APP_SID, Utils::APP_KEY)
      @config.api_base_url = Utils::API_BASE_URL
      @filename = 'Annotated.pdf'
      @foldername = nil      
      
      @annotation_api = GroupDocsAnnotationCloud::AnnotationApi.from_config(@config)     
      request = GroupDocsAnnotationCloud::GetImportRequest.new(@filename,@foldername)
      
  # Extracts annotations from document.
      response = @annotation_api.get_import request
      puts response
      puts 'completed'
      end

多数の注釈タイプのサポート

GroupDocs.Annotation Cloud SDK for Rubyを使用すると、さまざまなタイプの注釈を操作できます。 2つの基本的なタイプは次のとおりです。テキスト注釈と図注釈。 テキストベースの注釈を使用しているときに、選択したテキストにテキストコメントを追加できます。どのテキストを何に置き換えるかを強調表示し、テキストの編集を使用して機密テキストを非表示にし、取り消し線/下線を使用してテキストを強調表示し、リッチテキストを使用して付箋を追加します。 図の注釈を操作しているときに、長方形で強調表示された領域にメモを追加したり(Area Annotation)、ドキュメント内の任意のポイントにメモを追加したり(Point Annotation)、画像やテキストの機密部分を非表示にしたり(Area Redaction)、フリーハンドの線と図形を描画し(Polyline)、オブジェクトを指す矢印を描画し(Pointer / Arrow)、テキストベースのウォーターマークオーバーレイを作成し(Watermark)、ドキュメント内のオブジェクト間の距離を測定します(Distance Annotation)。

簡単なカスタマイズ

GroupDocs.Annotation Cloud SDK for Rubyは、100%テストされており、すぐに実行できます。 SDKはオープンソースであり、MITライセンスを持っています。あなたはそれを使うことができます、そしてそれを完全に無料でカスタマイズすることさえできます。

インタラクティブAPIエクスプローラー

SwaggerベースのAPIエクスプローラーを使用します。 GroupDocs.Annotation Cloud SDKforRubyをブラウザですぐに試すことができます。このインタラクティブなAPIエクスプローラーは、APIが提供するすべてのリソースに関する情報を提供します。必要なパラメータをインタラクティブに提供することで、目的の操作を試すこともできます。

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Annotation Cloud Product Familyには、以下に示す他の一般的な言語用のSDKも含まれています。

  日本語