C#.NETドキュメントエディターSDK

ワードプロセッシングドキュメント、Excelスプレッドシート、プレゼンテーションを編集するためのCloudRESTAPI。ドキュメントをWYSIWYGエディターで開き、編集して元の形式に保存します。

無料トライアルを開始

GroupDocs.Editor Cloud SDK for .NETを使用すると、開発者は、GroupDocs.Editor Cloud REST APIと統合することにより、あらゆるタイプの.NETベースのアプリケーション内でドキュメント編集機能を簡単に実行できます。 .NETエディターSDKは、システムにMicrosoftOfficeまたはOpenOfficeをインストールしなくても、一般的な業界標準のすべてのドキュメントタイプの編集をサポートします。 GroupDocs.Editor Cloud APIを使用して、サポートされているドキュメント(Microsoft Word、Excelスプレッドシート、PowerPoint、TXT、HTML、XML)ファイル形式をサードパーティのフロントエンドWYSIWYG HTMLエディターにアップロードし、編集を実行して、元のファイル形式。

ドキュメント編集SDKの使用–ワードプロセッシングドキュメント全体またはページごとに操作します。フォント抽出操作を管理して、編集後のドキュメントと同じレイアウトと外観を提供します。マルチタブのExcelスプレッドシートを編集しながら、現在編集されているワークシートのインデックスの定義をサポートします。開発者は、URL、フォーマットオプション、ドキュメント構造、またはXMLファイル内の電子メールアドレスの認識内の問題を修正することもできます。

高度なドキュメントエディタRESTAPIの機能

WYSIWYGエディター内で簡単に統合できます

Word文書全体を編集するか、ページ範囲を定義します

マルチタブのスプレッドシート編集がサポートされています

大きなCSVまたはTSVファイルのメモリ使用量を最適化

ドキュメント情報(タイプ、サイズ、ページ数など)を抽出します

任意の言語またはプラットフォームで使用されるCloudRESTAPI

WordProcessingドキュメントの操作-C#

//Get your App SID, App Key and Storage Name at https://dashboard.groupdocs.cloud (free registration is required).
var configuration = new Configuration(MyAppSid, MyAppKey);

// Create necessary API instances
var editApi = new EditApi(configuration );
var fileApi = new FileApi(configuration );

// The document already uploaded into the storage.
// Load it into editable state
var loadOptions = new WordProcessingLoadOptions
{
    FileInfo = new FileInfo
    {
        FilePath = "WordProcessing/password-protected.docx",
        Password = "password"
    },
    OutputPath = "output"
};
var loadResult = editApi.Load(new LoadRequest(loadOptions));

// Download html document
var stream = fileApi.DownloadFile(new DownloadFileRequest(loadResult.HtmlPath));
var htmlString = new StreamReader(stream, Encoding.UTF8).ReadToEnd();

// Edit something...
htmlString = htmlString.Replace("Sample test text", "Hello world");

// Upload html back to storage
fileApi.UploadFile(new UploadFileRequest(loadResult.HtmlPath,
    new MemoryStream(Encoding.UTF8.GetBytes(htmlString))));

// Save html back to docx
var saveOptions = new WordProcessingSaveOptions
{
    FileInfo = loadOptions.FileInfo,
    OutputPath = "output/edited.docx",
    HtmlPath = loadResult.HtmlPath,
    ResourcesPath = loadResult.ResourcesPath
};
var saveResult = editApi.Save(new SaveRequest(saveOptions));

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Editorは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

  日本語