PythonドキュメントエディターRESTAPIとSDK

ドキュメントエディタRESTAPIを使用すると、外部アプリケーションのインストールを要求せずに、WYSIWYGHTMLエディタを使用して一般的なドキュメント形式を編集できます。

無料トライアルを開始

GroupDocs.Editor Cloud SDK for Pythonを使用すると、開発者はGroupDocs.Editor Cloud REST APIと統合することで、Pythonベースのアプリケーションにドキュメント編集機能を簡単に組み込むことができます。 GroupDocs.Editor Cloud APIを使用してフロントエンドHTMLエディターでサポートされているドキュメントタイプ(Microsoft Word、Excelスプレッドシート、PowerPoint、TXT、HTML、XML)を取得し、編集後に元のドキュメント形式に保存するだけで、高度なドキュメント編集操作を実行できます。ドキュメント。

GroupDocs.Editor Cloud SDK for Pythonは、GroupDocs.Editor Cloud REST APIの上にレイヤーとして構築されており、低レベルのリクエストを管理し、レスポンスを処理することで、貴重な開発時間を節約します。開発者は、プロジェクトで必要な場合にのみ、特定のコードの作成に集中できます。

高度なドキュメントエディタRESTAPIの機能

WYSIWYGエディター内で簡単に統合できます

Word文書全体を編集するか、ページ範囲を定義します

マルチタブのスプレッドシート編集がサポートされています

大きなCSVまたはTSVファイルのメモリ使用量を最適化

ドキュメント情報(タイプ、サイズ、ページ数など)を抽出します

任意の言語またはプラットフォームで使用されるCloudRESTAPI

WordProcessingドキュメントの操作-Python

  //Get your App SID, App Key and Storage Name at https://dashboard.groupdocs.cloud (free registration is required).
  editApi = groupdocs_editor_cloud.EditApi.from_keys(app_sid, app_key)
  fileApi = groupdocs_editor_cloud.FileApi.from_keys(app_sid, app_key)
  
  # The document already uploaded into the storage.
  # Load it into editable state
  fileInfo = groupdocs_editor_cloud.FileInfo("WordProcessing/password-protected.docx", None, None, "password")
  loadOptions = groupdocs_editor_cloud.WordProcessingLoadOptions()
  loadOptions.file_info = fileInfo
  loadOptions.output_path = "output"
  loadResult = editApi.load(groupdocs_editor_cloud.LoadRequest(loadOptions))        
  
  # Download html document
  htmlFile = fileApi.download_file(groupdocs_editor_cloud.DownloadFileRequest(loadResult.html_path))
  html = ""       
  with open(htmlFile, 'r') as file:
      html = file.read()
  
  # Edit something...    
  html = html.replace("Sample test text", "Hello world")
  
  # Upload html back to storage
  with open(htmlFile, 'w') as file:
      file.write(html)
  
  fileApi.upload_file(groupdocs_editor_cloud.UploadFileRequest(loadResult.html_path, htmlFile))
  
  # Save html back to docx
  saveOptions = groupdocs_editor_cloud.WordProcessingSaveOptions()
  saveOptions.file_info = fileInfo
  saveOptions.output_path = "output/edited.docx"
  saveOptions.html_path = loadResult.html_path
  saveOptions.resources_path = loadResult.resources_path
  saveResult = editApi.save(groupdocs_editor_cloud.SaveRequest(saveOptions))

  # Done
  print("Document edited: " + saveResult.path)

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Editorは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

  日本語