Rubyアプリケーション用のドキュメントエディタSDK

Rubyアプリケーション内にドキュメント編集機能を組み込むためのCloudRESTAPI。すべての一般的な形式のドキュメントを編集するために外部アプリケーションは必要ありません。

無料トライアルを開始

GroupDocs.Editor Cloud SDK for Rubyは、GroupDocs.Cloud REST APIと簡単に統合できるため、MS Officeやその他のアプリケーションをインストールしなくても、Rubyアプリケーション内でさまざまなドキュメント形式をすばやく編集できます。ドキュメントエディタライブラリの使用–プレゼンテーション、Excelスプレッドシート、HTML、XML、およびワードプロセッシングドキュメントを操作しながら、最も要求の厳しいすべてのドキュメント編集操作を簡単に実行できます。 GroupDocs.Editor Cloud APIを介して編集するドキュメントファイルをフロントエンドのWYSIWYGエディターにアップロードし、操作して、元のドキュメントタイプに簡単に戻すことができます。

GroupDocs.Editor Cloud SDK for Rubyは、GroupDocs.Editor Cloud REST APIの上にレイヤーとして構築されており、低レベルのリクエストを管理し、レスポンスを処理することで、貴重な開発時間を節約します。開発者は、プロジェクトで必要な場合にのみ、特定のコードの作成に集中できます。

高度なドキュメントエディタRESTAPIの機能

WYSIWYGエディター内で簡単に統合できます

Word文書全体を編集するか、ページ範囲を定義します

マルチタブのスプレッドシート編集がサポートされています

大きなCSVまたはTSVファイルのメモリ使用量を最適化

ドキュメント情報(タイプ、サイズ、ページ数など)を抽出します

任意の言語またはプラットフォームで使用されるCloudRESTAPI

プレゼンテーションの操作-Ruby

  //Get your App SID, App Key and Storage Name at https://dashboard.groupdocs.cloud (free registration is required).
  fileApi = GroupDocsEditorCloud::FileApi.from_keys($app_sid, $app_key)
  editApi = GroupDocsEditorCloud::EditApi.from_keys($app_sid, $app_key)
  
  # The document already uploaded into the storage.
  # Load it into editable state
  fileInfo = GroupDocsEditorCloud::FileInfo.new
  fileInfo.file_path = 'Presentation/with-notes.pptx'       
  
  loadOptions = GroupDocsEditorCloud::PresentationLoadOptions.new
  loadOptions.file_info = fileInfo
  loadOptions.output_path = "output"
  loadOptions.slide_number = 0
  
  loadRequest = GroupDocsEditorCloud::LoadRequest.new(loadOptions)        
  loadResult = editApi.load(loadRequest)
  
  # Download html document
  htmlFile = fileApi.download_file(GroupDocsEditorCloud::DownloadFileRequest.new loadResult.html_path)
  htmlFile.open
  html = htmlFile.read
  htmlFile.close
  
  # Edit something...
  html = html.gsub("Slide sub-heading", "Hello world!")
  
  # Upload html back to storage
  htmlFile = File.open(htmlFile.path, "w")        
  htmlFile.write(html)
  htmlFile.close
  uploadRequest = GroupDocsEditorCloud::UploadFileRequest.new loadResult.html_path, File.open(htmlFile.path, "r")
  fileApi.upload_file(uploadRequest)
  
  # Save html back to pptx
  saveOptions = GroupDocsEditorCloud::PresentationSaveOptions.new
  saveOptions.file_info = fileInfo
  saveOptions.output_path = "output/edited.pptx"
  saveOptions.html_path = loadResult.html_path
  saveOptions.resources_path = loadResult.resources_path
  
  saveRequest = GroupDocsEditorCloud::SaveRequest.new(saveOptions)
  saveResult = editApi.save(saveRequest)        
  
  puts("Document edited: " + saveResult.path)

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Editorは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

  日本語