メタデータ管理クラウドSDKforJava

メタデータ操作RESTAPIは、60を超えるドキュメント、画像、マルチメディアファイル形式のメタデータプロパティを任意の言語またはプラットフォームで管理します。

無料トライアルを開始

GroupDocs.Metadata Cloud SDK for Javaを使用すると、開発者は、GroupDocs.Metadata Cloud REST APIとすばやく統合することで、Javaベースのアプリケーションにドキュメントメタデータ操作機能を簡単に組み込むことができます。

メタデータ抽出APIは柔軟性があり、機能が豊富であるため、ユーザーはMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Visio、OneNote)などのさまざまなドキュメントおよび画像ファイル形式からメタデータプロパティを表示、追加、更新、検索、取得、および削除できます。 、およびProject)、PDF、メタファイル、PhotoshopおよびAutoCAD、オーディオおよびビデオファイルタイプ。 GroupDocs.Watermark Cloudは、任意の言語またはプラットフォームで使用できるRESTAPIです。 APIリクエストとレスポンスを管理して、プロジェクトで必要な特定のソースコードの作成のみに集中できるようにすることで、貴重な開発コストと時間を節約できます。

高度なドキュメントメタデータRESTAPI機能

安全なREST指向のメタデータ管理API

60以上の一般的なファイル形式をサポート

メタデータを表示/追加する機能

ドキュメントと画像からメタデータを取得して削除する

サポートされているファイルタイプでメタデータの検索と変更操作を実行する

柔軟で、あらゆる言語やプラットフォームと簡単に統合できます

プロパティ名によるメタデータの削除-Java

  //Get your App SID, App Key and Storage Name at https://dashboard.groupdocs.cloud (free registration is required).
  String MyAppKey = ""; // Get AppKey and AppSID from https://dashboard.groupdocs.cloud
  String MyAppSid = ""; // Get AppKey and AppSID from https://dashboard.groupdocs.cloud
    
  Configuration configuration = new Configuration(MyAppSid, MyAppKey);
  MetadataApi apiInstance = new MetadataApi(configuration);
  
  RemoveOptions options = new RemoveOptions();
  SearchCriteria searchCriteria = new SearchCriteria();
  NameOptions nameOptions = new NameOptions();
  nameOptions.setValue("Application");
  searchCriteria.setNameOptions(nameOptions);
  options.setSearchCriteria(searchCriteria);
  FileInfo fileInfo = new FileInfo();
  fileInfo.setFilePath("documents/input.docx");
  options.setFileInfo(fileInfo);
  RemoveRequest request = new RemoveRequest(options);
  
  RemoveResult response = apiInstance.remove(request);

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Metadataは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

  日本語