ドキュメントをレンダリングおよび表示するためのC#.NET SDK

シームレスなドキュメントビューア.NETアプリケーションを構築するためのRESTAPI。さまざまなファイル形式を画像、HTML、PDFとして正確にレンダリングします。

無料トライアルを開始

GroupDocs.Viewer SDK for .NETは、Document ViewerCloudAPIの使用をすばやく開始できるように開発されました。 SDKは、より高いレベルの抽象化を提供することで役立ちます。これにより、RESTAPIのHTTP要求と応答の処理に関する詳細を知る必要がなくなります。

.NET SDKを使用すると、APIのすべての機能を利用でき、さまざまな業界標準のドキュメント形式をレンダリングする機能を使用して、アプリケーションをシームレスに拡張できます。 SDKを使用すると、特定のドキュメントをHTML、画像、PDF、または元の形式で表示でき、ドキュメント全体、ページごと、またはカスタム範囲のページを柔軟にレンダリングできます。

高度なドキュメントビューアRESTAPI機能

ドキュメントをHTML5としてレンダリングする

ドキュメントを画像としてレンダリング

ページの回転、並べ替え、透かし

ドキュメントをPDFとしてレンダリング

ドキュメントの添付ファイルをレンダリングする

APIは保護されており、認証が必要です

時間を節約したい開発者のための簡単なSDK

GroupDocs Cloud APIの使用は、インストールするものがないため、非常に簡単です。 GroupDocs Cloudでアカウントを作成し、アプリケーション情報を取得するだけです。アプリのSIDとキーを取得したら、GroupDocs CloudRESTAPIを試す準備ができています。 SDKは、開発者を容易にし、APIをすぐに使い始めることができるように開発されました。

ドキュメントプレゼンテーションのオプションを調べる

クラウドベースのビューアAPIには、わずか数行のコードでさまざまなドキュメント形式をすばやく表示する機能があります。 SDK for .NETを使用すると、APIのこれらすべての機能を使用して、ドキュメントをPDF、HTML、または画像としてレンダリングできます。

HTMLビューオプションを使用してドキュメントをレンダリングする-C#

`cs // https://dashboard.groupdocs.cloudでアプリSID、アプリキー、ストレージ名を取得します(無料登録が必要です)。 var configuration = new Configuration(appSID、appKey); var apiInstance = new ViewerApi(configuration); var viewOptions = new ViewOptions() {{ FileInfo = new FileInfo() {{ FilePath = "documents / doc.dwf"、 パスワード=""、 StorageName="ストレージ名" }、 RenderOptions = new HtmlOptions() {{ ExternalResources = true } }; var request = new CreateViewRequest(viewOptions); var response = apiInstance.CreateView(request `

ドキュメントの柔軟なレンダリング

GroupDocs.Viewerは、アプリケーションでさまざまなドキュメント形式を表示できる強力なドキュメントビューアRESTAPIです。これにより、ドキュメント全体、ページごと、またはカスタム範囲のページのドキュメントレンダリングが可能になります。

セキュリティと認証

GroupDocs.Viewer Cloud APIは安全であり、認証が必要です。ユーザーはGroupDocsCloudに登録し、アプリSIDとアプリキーを取得する必要があります。認証リクエストには、署名とAppSIDクエリパラメーターまたはOAuth2.0認証ヘッダーが必要です。

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Viewer Cloudは、以下に示すように、他の一般的な言語用の個別のドキュメントレンダリングSDKも提供します。

  日本語