ドキュメント透かし用のJavaCloudSDK

透かしを入れるCloudSDKforJavaおよびRESTAPIを使用して、すべての一般的なドキュメントおよび画像ファイル形式から透かしを追加、編集、検索、および削除します。

無料トライアルを開始

APIは柔軟性があり、機能が豊富で、いくつかのドキュメントタイプの透かしを管理および操作するための簡単な方法を提供します。 REST APIは、外部ソフトウェアを使用せずに、追加、検索、更新、削除など、あらゆる種類の透かし機能をサポートします。 Java SDK for Watermark REST APIを使用すると、ドキュメント内の透かしを検索したり、サードパーティのツールによってすでに追加されている透かしを編集または削除したりできます。また、プロジェクトの要件に従って、テキストスタイル、フォント、サイズ、色、または位置を指定することにより、透かしをカスタマイズすることもできます。

GroupDocs.WatermarkCloudはRESTAPIであり、プログラマーがRESTAPI呼び出しを行うことができる任意の言語またはプラットフォームで使用するのに最適です。他のクラウドサービスと簡単に統合して、Web、モバイルデスクトップ、またはクラウドプラットフォーム全体で最適な透かし管理エクスペリエンスを提供します。

高度な透かし管理APIの機能

安全な透かし管理ソリューション

特定のページまたはドキュメント全体から透かしを追加または削除する

ドキュメント内のテキストまたは画像ベースの透かしを検索します

透かしを操作するためのフォーマット設定を管理する

任意の言語またはプラットフォームで使用されるCloudRESTAPI

サポートされているファイル形式から、すでに追加されている透かしを検索して削除します

ドキュメントから透かしを削除– Java

//Get your App SID, App Key and Storage Name at https://dashboard.groupdocs.cloud (free registration is required).
public class RemoveWatermarks {

  public static void main(String[] args) {

    WatermarkApi apiInstance = new WatermarkApi(Common.GetConfiguration());

    try {
      FileInfo fileInfo = new FileInfo();
      fileInfo.setFilePath("with_watermarks/sample.pdf");
      fileInfo.setStorageName(Common.MyStorage);
      RemoveOptions options = new RemoveOptions();
      options.setFileInfo(fileInfo);
      
      ImageSearchCriteria imageSearchCriteria = new ImageSearchCriteria();
      FileInfo imageFileInfo = new FileInfo();
      imageFileInfo.setFilePath("watermark_images/sample_watermark.webp");
      imageFileInfo.setStorageName(Common.MyStorage);
      imageSearchCriteria.setImageFileInfo(imageFileInfo);
      options.setImageSearchCriteria(imageSearchCriteria);
      
      TextSearchCriteria textSearchCriteria = new TextSearchCriteria();
      textSearchCriteria.setSearchText("Watermark text");
      options.setTextSearchCriteria(textSearchCriteria);
      
      options.setOutputFolder("removed_watermarks");
      
      RemoveRequest request = new RemoveRequest(options);
      RemoveResult response = apiInstance.remove(request);

      System.out.println("Resultant file path: " + response.getPath());
    } catch (ApiException e) {
      System.err.println("Exception while calling WatermarkApi:");
      e.printStackTrace();
    }
  }
}

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Watermarkは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

  日本語