透かし操作用の.NETCloudSDK

.NETアプリケーション内の一般的なファイル形式の画像とドキュメントの透かし管理用のCloudRESTAPI。

無料トライアルを開始

GroupDocs.Watermark Cloud SDK for .NETを使用すると、PDF、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Visio、OpenDocument、JPEG、BMP、PNG、TIFFなどのさまざまなドキュメント形式でテキストと画像の透かしをプログラムで管理できます。

サポートされている形式の画像やドキュメントから透かしを追加、削除、検索、置換できるようにするために、最も要求の厳しいすべての透かし方式での作業をサポートしています。ドキュメント内にすでに追加されている古い透かしは、サードパーティのツールによって追加されたかどうかに関係なく、削除することもできます。最小限の行またはコードでテキストのスタイル、フォント、サイズ、色、または位置を調整することで、透かしの書式設定を簡単にカスタマイズできます。

GroupDocs.Watermark Cloud SDK for .NETは、GroupDocs.Watermark Cloud REST APIの上にレイヤーとして構築されているため、より高いレベルの抽象化が可能であるため、このSDKを使用するためにRESTAPIを知る必要はありません。

高度な透かし管理APIの機能

サポートされているファイル形式から、すでに追加されている透かしを検索して削除します

特定のページまたはドキュメント全体から透かしを追加または削除する

ドキュメント内のテキストまたは画像ベースの透かしを検索します

透かしを操作するためのフォーマット設定を管理する

任意の言語またはプラットフォームで使用されるCloudRESTAPI

安全な透かし管理ソリューション

ドキュメントにテキスト透かしを追加– C#

//Get your App SID, App Key and Storage Name at https://dashboard.groupdocs.cloud (free registration is required).
public class AddTextWatermarks
    {
        public static void Run()
        {
            var configuration = new Configuration(Common.MyAppSid, Common.MyAppKey);
            var apiInstance = new WatermarkApi(configuration);

            try
            {
                var fileInfo = new FileInfo
                {
                    FilePath = "documents/sample.docx",
                    StorageName = Common.MyStorage
                };

                var options = new WatermarkOptions()
                {
                    FileInfo = fileInfo,
                    WatermarkDetails = new List
                    {
                        new WatermarkDetails
                        {
                            TextWatermarkOptions = new TextWatermarkOptions
                            {
                                Text = "New watermark text",
                                FontFamilyName = "Arial",
                                FontSize = 12d,
                            }
                        }
                    }
                };

                var request = new AddRequest(options);

                var response = apiInstance.Add(request);
                Console.WriteLine("Resultant file path: " + response.Path);
            }
            catch (Exception e)
            {
                Console.WriteLine("Exception while calling WatermarkApi: " + e.Message);
            }
        }
    }
}

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Watermarkは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

  日本語